メンズ

数種類のパターンを見極めるべし|給与計算は代行サービスにお任せ

メンタルヘルス不調を防ぐ

会社

ストレスチェックは労働安全衛生法の改正により、年に1回行う事が義務化されています。これによりメンタルヘルス不調を事前に防ぐことができます。また、結果は所属している会社には知られる事がないようにされており、従業員は正直にこたえる事ができます。

詳細へ

効率的に処理するため

会議

決算申告を行う際に工夫する点としては早めに決算処理をするということです。これは未払金や前払金などの処理をすることによって利益を調整することができるからです。また特徴として利益を基にして所得を計算する点や専門家と連携する点などがあります。

詳細へ

債権回収業務を効率化する

社内

債権管理には請求・入金照合・督促などのプロセスがありますが、いずれも多大な手間がかかり、人力ではミスが発生する恐れもあります。債権管理システムの導入により、業務が効率化され確実な売掛金の回収が可能になります。

詳細へ

サービス業の労務管理改善

計算

業務を見直しスリム化する

サービス業は正社員よりも契約社員、パートタイマー、派遣社員といった非正規雇用者の比率が高く、加えて従業員の入社や退社が頻繁にあるため、労務管理には注意を払わなければなりません。中でも注意を要するのは給与計算です。雇用形態が多様化している為に給与形態も月給制、日給制、時間給制など様々な形態があります。また、社会保険にしても契約労働時間によって雇用保険のみ加入している人、健康保険や厚生年金保険も併せて加入している人など従業員によって様々なパターンがありますし、月の途中で退職したような場合には健康保険料や厚生年金保険料の控除が不要になるため注意が必要になります。このような負担のかかる業務である為にサービス業を営む企業の多くが給与計算をアウトソーシングしています。

便利な委託先

給与計算のアウトソーシング先といえば税理士事務所や社労士事務所が思い浮かびますが、最近では給与計算をはじめとした人事事務全般のアウトソーシング会社への委託が増えてきました。アウトソーシング会社へ給与計算を委託するメリットとしては単に給与計算を行うだけでなく、年末調整の際の扶養控除申告書などの書類の配布及び回収、各営業所や店舗などへの給与明細の発送作業、そして従業員からの問い合わせ対応など、人の手で行わなければならない業務も併せて代行してくれる点にあります。アウトソーシング会社に委託すれば、自社で行うのとほとんど変わらない状態で給与関連業務をしてもらえることになりますし、自社の人事部の給与計算担当が外部にいるようなイメージであるといえます。数種類のパターンを見極め、ミスないようにこなしてくれるでしょう。